男女

万全の医療体制で挑む成功への道のり|癌を放射線治療で克服する

サブメニュー

潰瘍性大腸炎の治療

お腹を押さえる女性

潰瘍性大腸炎は腸の中の粘液がタダレて炎症を引き起こしている状態です。基本的には内服薬を用いて治療を行ないます。発見が遅れ症状が悪い状態だと、大腸を摘出する可能性もあるため注意しましょう。

詳しく読む

胆のうがんの改善

入院患者

胆のうは身体に取り込まれた栄養素を消化吸収する際に必要な臓器です。胆のうに悪性腫瘍が発生することを胆のうがんと言います。胆のうがんは放置していると生命の危機にも関わるためしっかりと治療をしましょう。

詳しく読む

イチオシリンク集

  • がんのクリニック

    病気をしっかりと食い止めて悩みのない快適な暮らしを実現させちゃいましょう。胆のうがんで困っているならこちら!

声を失わないための治療

病室

咽頭癌の治療は、癌が発生する場所によってその内容が少し変わります。喉には上咽頭や中咽頭、下咽頭があります。自分の癌がどの部分に発症しているか確認しておきましょう。

詳しく読む

協力体制をチェック

病院用ベッド

放射線治療は癌治療の際に選択されることが多い治療方法の1つです。放射線治療は癌細胞が増殖し転移してしまう際に効果がある治療方法になります。放射線治療のシステムとしては、細胞が新しい細胞と交換される際に消滅する仕組みや、細胞分裂の仕組みを利用します。放射線治療で使用する放射線は1つではなく、X線やγ線、電子線などいくつかの種類があります。病気の症状や、治療の目的にあわせて使用する放射線の種類を変えていくのです。

放射線治療のメリットとしては、外科手術のように身体の一部を切除することがないという点です。そのため臓器そのものや機能を失うことなく癌治療を行なうことが出来るのです。この治療は単体で行なう場合もありますが、基本的にはその他の癌治療と組み合わせて行なうことが多いです。抗がん剤を使用した化学療法や外科手術療法と同時に進めると、より高い治療効果を得ることが出来ます。

放射線治療を行なう際は、優秀な人材を集めた1つのチームで治療を進めていきます。治療をメインで担当する医師の他にも、放射線量の細かな計算を行なう医学物理士や、医師の指示のもと実際に照射を行なう診療放射線技師、また患者さんのケアや家族との架け橋になる看護師も重要です。治療を成功させるためにはチームの結束力や協力体制が整っているということがとても重要です。そのため放射線治療を利用する際には、その医療機関でチーム医療体制がしっかりと整っているかを確認しておくと良いかもしれません。万全の医療体制で挑む成功への道のりに期待すると良いでしょう。

Copyright© 2016 万全の医療体制で挑む成功への道のり|癌を放射線治療で克服する All Rights Reserved.